So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

The Killing Fields [海外放浪]

暫く前にカンボジアに行ってきました。

僕にとってカンボジアと言えば、アンコール遺跡群。
小学生の時に発見時のドラマを描いた本を読んで以来、いつか行くと心に決めていた「約束の地」です。

そしてクメール・ルージュの事もよく知らないまま、高校時代に見た映画「The Killing Fields」

キリング・フィールド スペシャル・エディション [DVD]

キリング・フィールド スペシャル・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: ビデオメーカー
  • メディア: DVD


高校生当時は、将来報道関係の仕事をするなどとは思ってもみませんでした。
それでもシドニー・シャンバーグとディス・プランの友情は心に響きました。
(どうもシドニーは美化され過ぎだったみたいですけどね)

初めて訪れたアンコール遺跡群は圧倒的な存在感で迫ってきました。
観光客でごった返すアンコールワットはもちろん、バンテアイ・スレイも、静寂の中で崩壊を続けるベンメリア遺跡も。

カンボジア最後の夜、なんとなく宿泊していたホテルの屋上バーに出向きました。
そしてかつてのKilling Fieldsを眺めて酒を飲みながら、フィリピンから出稼ぎにきているというシンガーにある曲をリクエストしました。
ジョン・レノンのイマジンです。
「The Killing Fields」のラストに流れている、あの名曲です。

ずいぶん長い間テレビ番組を作ってきた僕にとって、イマジンは「BGMに使っちゃいけない曲」だったんです。
もしかしたら、使う技量が自分になかったのかもしれません。とにかく恐ろしいくらいに強い曲ですから。
「The Killing Fields」のラストで使っている事にも、ずぅっと疑問を持っていました。やり過ぎだって思ってました。

今や世界中から観光客が訪れるかつてのKilling Fields、シェムリアップの夜景とイマジン…。
なんだかとってもクサい組み合わせなのは、十分わかっていましたが…泣きそうになっちゃいました。単純な事に。

帰国してすぐに「The Killing Fields」のDVDを入手しました。
でも何故か、まだ見ていません。
ラストのイマジンが、どう聴こえるのか? それが怖いのかもしれません。






nice!(0)  コメント(114)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

蘇民祭ポスターは不快ですか?田嶋陽子センセイ [ニュース]

http://monstar.fm/album/1727/
このジャケット写真はいいんでしょうか?田嶋陽子センセイ…。

このジャケットを「不快だ!」と僕が主張したら、叱られちゃうんでしょうか?
田嶋センセイは「女性学研究家」だそうですから…叱られますね僕。

でも、僕、少なくとも愉快だったり、快適だったりしませんよ。このジャケ写。
正直言えば不快。すごく不快。
だから買わないし、出来るだけ見ないようにしますケド。
ここに画像貼るのもちょっと…なのでリンクにしときました。

14日のTBSの「ニュース23」で蘇民祭ポスターについて語った田嶋センセイ。
「男に上から押さえつけられるような印象を受ける、女性にしかわからない不快な感覚」
みたいな答え方してましたね。

そうでしたか、「普通」の女性の感覚って。
僕はあのポスター、かっこいいって思っちゃいましたが…感覚ズレてんですね僕。

「個人の感情・感覚」をしたり顔でコメントできちゃう感覚に脱帽します。
そういう答えを期待してインタビューを申し込んだであろうTBSにも感服します。
期待に応えてコメントする田嶋センセイには…再度脱帽です。

もう、こういう予定調和やめません?つまらないでしょ?取材してても。
田嶋センセイは「予定調和」が商売だからつまらなくはないでしょうけど…。
視聴者だって、もはや予定調和なんて求めてないんじゃないかな。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

橋下知事、密月の100日間が… [ニュース]

NHKのスタジオにはもう行かないそうです。
NHKの態度が気に入らなかったそうです。
これからは…否、これからも民放重視でいくんでしょうかね。

政治の世界には「蜜月の100日間」というのがあります。
当選後の100日間はメディアも議会も温かく当選者を迎え入れるのです。
まあ大きな民意を勝ち取った当選者ですから当然ですね。

その100日が経過すると…手のひらを返すように批判が始まります。
メディアの言い分としては、「検証」ってヤツなんですけどね。

2000年に当選した田中康夫前長野県知事もそんな感じでした。
当選当初のメディアとの蜜月ぶりと言ったら…。
でも、蜜月期間が終ると一部を除いてメディアとの関係は悪化の一途。
挙句の果てに落選。

もしかしたら東国原英夫宮崎県知事って、ものスゴイ人かもしれませんね。
だって、当選から1年以上経過してもメディアを味方につけてます。

橋下さんはといえば…県庁の記者に喧嘩を売るかと思えば、NHKにも…です。
たぶんNHKの態度も「相応」だったんでしょうけどね。

タレント政治家にとっての拠所は金や権力じゃないんです。
大衆(特に無党派層)の支持が全ての拠所なんです。
その意味では、とても純粋。

だからこそメディアを通じて露出し続けなきゃいけないのがタレント政治家。
で、メディア扱いを知っているつもりになっちゃうのもタレント政治家。
もともとがメディアで商売してきた人達ですからね。

だとしたら…メディアの怖さも知ってると思うんだけどな、橋下さん。
特にテレビってのは、数字が取れないタレントなんてアッサリ切り捨てるんです。
NHKだって同じですよ。

府債発行するって言ったり、撤回したり、NHKにしたら突っ込みどころ満載です。
「数字が取れる知事」になっちゃえば話は簡単なんですけどね、橋下さん。

吉本興業にマネージメントさせたほうが良いんじゃないかな…ってワケにいかないか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

「あらたにす」は古臭くって気持ち悪い位… [ニュース]

何をしたかったのか?ANY連合。
3強が集まって、どうしたかったのか?あらたにす。

allatanys.jp/

「All at anys」とはまた豪勢なアドレスですこと。しかもリンクは許可制だって…。

そうは言っても結構期待してみたりしたのですが…予想通りの結果でした。
「あらたにす」は何がしたかったのか?どうしても僕にはわかりません。

3強連合によるポータルとして成立させるつもりは毛頭無いようです。
だって、このページ見てどうしろって言うのですか?

3紙を比べるためだけに存在するのが「あらたにす」ってヤツですかねぇ。
って言うか、今さら朝日、日経、読売を比べたい人っているんでしょうか?

もし「比べたいっ」って人がいたとして…それは普通の人ではないような…。
ちょっと変わった趣味の人なんじゃないかな…。
あ、新聞購読のリンクが張ってあるから、購読のための比較ページなのかな。

「あらたにす」、これが新聞的「新しい」発想なんですな。

読者は読者であって、顧客じゃないんですね。だからサービス精神など不要ですよね。
あ、そうか。今や広告主さまが顧客なんだったですね、新聞メディアも。民放と一緒だ。

民放もいい加減「古いメディア」ですけど…ヤッパリ古さでは新聞にかないませんでした。
一応ブックマークしてみましたが…端っこの方に置いとけばいいや。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

なんだかスゴイですね…色々な会見が [ニュース]

あの人が社長になって注目の船場吉兆。
総長がエライことになった東京福祉大学。
報道記者たちが儲けちゃったNHK。

なんだか最近の会見ってヤツはスゴイですね。
「なぜ会見を開くのか?」っていう本質がわからなくなりそうです。

一方的に言いたいことを言わせるのが会見ではないハズ。
ワケのわからないおっさんに途中で打ち切られる会見もフシギ。
「5000人以上を調査する」って言われておかしいと思わない思考回路もギモン。
(だいたい数日で調査結果出すって事は、本気の調査なわけないのに…)

最近の会見のおかしさ。
現場にいる記者たちは気づいているんでしょうか。

会見する側は、記者の向こう側にいるハズの視聴者や読者に語りかけるべき。
取材する記者は、視聴者や読者に伝えるためだけにそこに居るべき。
コレだけだと思うのですが…。

そういえば…サイバー大学のマジギレ会見もスゴイですね。あの有名な学長さん。
「読売新聞に広告を出したフォロー取材だと思っていた」
「それであの書き方は詐欺にあったような気持ち」 だそうな。

その発想もまた、スゴイですね…。脱帽。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

NHK記者がインサイダー取引疑惑!? [ニュース]

正直、気持ちは分からなくもありません。
NHKの記者やディレクターがインサイダー取引の疑いで調査を受けているようです。

何がインサイダー情報だったかというと…放送前の原稿。
そのネタとは企業合併情報であり、しかもNHKの特ダネ。
だから「インサイダー」なのだそうです。

原稿システムというのは、現代の報道現場では一般的なシステムです。
記者がパソコン端末で原稿を書いて送ると、サーバーに原稿が保存されるのです。
各社で仕様は違いますが、原稿が一元管理できるので、とっても便利なシステムです。

たしかNHKのシステムは全ての原稿を全国どこからでも引き出せるシステムだったハズ
調査を受けているのが岐阜や水戸の局員なのは、そのシステムを「活用」したためでしょう。

確かに放送前の特ダネを活用すれば、株で利益を上げることも可能でしょうね。
でも利益が10万円~40万円って…。
NHKの局員ならもっと資金あったんじゃないのかな。

でもなんで発覚したのか?発覚しそうにないのに…。
やっぱコレも、インサイドからの情報(タレこみ)だったんでしょうかね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

MacBook Air登場の舞台裏 [Apple]

やっぱり毎年1月のMacWorldは見逃せません。今年も寝不足…。

予想通り、というかリーク情報通り、というか。
出ましたね、MacBook Air。
買おうかな…SSDモデル。でもそのうち128GB版が出るだろうし…。

「Appleは秘密主義」と言われますが、最近はそうじゃないみたいです。
ちょうど1年前のMacWorldで発表されたiPhoneもそうでしたけど、
どこからともなく「こんなのが出る」っていう噂が流れますし。

これはAppleサイドからのリークとみて間違いないでしょう。
だって商品名まで噂どおりですから。

最近のAppleは難しい広報戦略をなんなくこなします。
だって実際に発表された商品が「噂」ほどステキではなかったら…ヤバイ事になりますよ。
(過去にはいくつかそんなケースもありましたけど)

「世界最薄」のというキーワード。
Appleらしいエレガントな外観。
「噂」よりも少し魅力的な性能。
メディアにとってAppleの新製品は実に「ニュース」にしやすいのです。

宣伝費を使わずに多くのメディアに「ニュース」として取り上げさせる力量。
これは日本企業には真似できない戦略です。
(実際に16日放送の日本のニュース番組でもMacBook Airは多く取り上げられました)

日本企業がニュース番組に取材させる場合には、営業を通して取材させる手法が主です。
「これだけCMを出しているんだから、ニュースに取材させろ」と…言わば田舎臭い圧力ですな。
出稿金額にもよりますが、大スポンサーならテレビ局の営業担当も断れませんもの。

ニュース番組に取り上げさせる事は、スポンサー側にとってはメリットが多いのです。
その製品の発売自体が「ニュース」になる事は、時にCM以上の効果を生みます。
でも、Appleはそうした営業圧力を決して使いません(ま、CM出稿額自体少ないですしね)

そんな広報戦略を(たぶん)なんなくこなすAppleって…怖い会社です。
(日本では任天堂がAppleみたいになりたいように見えるけど…やっぱ難しいかな)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

マイクの性能は良いんですから [ニュース]

久しぶりに面白い会見でしたね。船場吉兆の会見。
湯木佐知子取締役、さすがと言うか、なんと言うか…。

70歳のご高齢ゆえに音響機器の性能はご存じ無かったのでしょうか。
取締役、最近のマイクは高性能なんですよ。
「頭が真っ白になった、と言え」って小声で指示したって全部収録されちゃいます。

まあ、あんな面白い音が録れてたらテレビは面白おかしく使いますわな。
って言うか、そんな事を想像すらしていない佐知子取締役に愛着すら覚えます。

取材で使うマイクには色々な種類があります。
指向性が鋭いマイク(ある特定の音を狙い撃ち出来るマイク)
指向性が広いマイク(広い範囲の音を拾う性能を持つマイク)
場面によってマイクを使い分けるんです。

佐知子取締役、カラオケのマイク位しかご存じなかったのかもしれません。
会見で使うマイクは、横を向いていても音がそれなりに録れちゃうんです。

今年はなんとも謝罪会見が多い年でしたね。
もうミートホープの会見なんて遠い昔のようですもの。

1年の最後に、最強キャラクター登場!ってところでしょうか?佐知子取締役。

でも、なぜか、船場吉兆は普通に立ち直る気がするんです、僕。
だって、あの佐知子取締役が仕切るんでしょ?これからも。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

「不器用」な小沢一郎のしたたかさ [ニュース]

完全に小沢マジックにやられましたね。
福田総理も、民主党の方々も。

これで民主党は完全な小沢カラーに染まりますよ。
だって「やめないで」って皆でお願いしちゃったんですから。

小沢さん、ここまで計算していたんでしょうか…、
彼の事だから計算してないハズがないか。
会見時間はしっかりと夕方のニュースタイムに合わせているし。

辞意表明撤回会見で自分を「不器用」と表現するあたり、狡猾さ、したたかさを感じます。
目には涙が浮かんでいたようにも見えました。

ところでメディアの多くは一連の辞任劇について「民主党にダメージ」って言ってましたが、
ホントにそう思ったのでしょうか。
だとしたら、その感覚の鈍さに溜息が出ます。予定調和の論評でしかありません。

だって、民主党に失うモノなどないのですよ。
次の総選挙でダメージを受ける?
自民が今以上に衆院議席を伸ばす方が難しいでしょうに…。

「予定調和」でしか論評出来なくなった新聞、テレビ。
自民党以上にヤバイかも。

あ、そうそう。
小沢さんが一番やりたいのは党内の社会党系議員排除、なのかな。
その準備は党首会談、辞意表明、辞意撤回の流れで完全に出来ちゃったし…。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

小沢一郎VSオフレコ発言 [ニュース]

〔Off the record:記録しない、非公開の、 非公式の〕

民主党の小沢代表が辞意表明会見の最後に付け加えた「抗議」、
簡単に言えばマスコミが事実無根の報道で小沢代表を追い詰めたって事です。

政府・自民党から聞いた「オフレコ発言」がソースだったのでしょう。「小沢首謀説」ってヤツは。
まあ、どっちがホントか記事を書いた記者本人も分からないのでしょう。

政治的効果を狙った「オフレコ発言」は珍しい事ではありません。というかほとんど。
本当に「Off the record」を信じて本音を話す政治家など…すぐに政界から消える運命です。

小沢さん自身は、比較的こういう「オフレコ発言」を使いこなすのが上手かったハズ…。
今回は小沢以上の戦略家が政府・自民党側にいたんでしょうか。

事実は誰にもわかりません。抗議されたメディアにだってわかりません。
ただ言えるのは「小沢ならやりかねない」というイメージが、今回の結果に繋がったって事です。

そもそも小沢一郎という政治家は、マスコミ対策が下手なんです。
マスコミ対策が下手って事は、逆に言えば「実直な性格」とも言えるんですけど…。

そして政治部記者の性質も輪をかけています。
日本の政治記者って、自分の頭で考えるトレーニングを積んでいないんです。
政治家に張り付いてオフレコ発言を聞くことが仕事だと思っている人間が多いんです。

今回の「小沢首謀説」がホントかウソか知りませんけど…
政治記者の「無能さ」に起因しているのかも知れません。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。